物件数で比較!名古屋の不動産会社3選

名古屋市の不動産会社比較 » 家を購入した後のことも考えておこう! » 引越しの挨拶は必要?

引越しの挨拶は必要?

ここでは、引越しの挨拶は必要なのかどうか?また、挨拶をする場合はどんなことに気を付ければいいのか?などを丁寧に解説しています。

引越しの挨拶は大切なコミュニケーションツール

引越し先で挨拶回りをするかどうか悩んでしまう方も多いと思いますが、挨拶はコミュニケーションツールであり、良い人間関係を築くきっかけとなるもの。しておいて損はないと思います。

「ご近所さんとはそんな人間関係を期待していないし…」と思う方も多いかもしれませんが、引越しの挨拶には“お互いの存在を認め合う”という意味合いも強く、この先自分や家族が生活しやすくするためにも、良い機会になるのではないでしょうか。

挨拶をした方がいい場合&控えた方がいい場合

引越しの挨拶がコミュニケーションツールとして大切なことだとはわかりつつ、セキュリティ問題や相手との距離感などを考えると、やっぱり躊躇してしまうケースもありますよね。

そこで、引越しの挨拶の必要性を判断する基準として、ケース別にいくつかポイントをまとめてみました。参考にしてもらえれば幸いです。

挨拶をした方がいい場合

家族連れである

家族連れの場合、その家族は子供を中心とした生活になっているので、とくに他人への警戒心は強くなります。

近年、日本でも子供がらみの犯罪が増えていて、そのことから親は自分の子供も巻き込まれないように常にアンテナを張っている状態です。

そんなところに身分の分からない住人が引っ越してきたら当然、どんな人なのかと最初は警戒されます。

そんな中、もしも挨拶をしておかなかったら、「無礼な人」「どんな人なのか分からない」などの印象を持たれ、そこに住んでいるうちはその家族にずっと警戒されてしまいます。

そこでそうならないために引っ越してきたら、直ぐに挨拶をしておきましょう。

その家族と一緒の家族ずれでの引越しならば今後、家族ぐるみの付き合いになる可能性もありますし、一人暮らしならば自分の身分や素性を明かしておいた方がその地域で生活するのが楽になります。

要は、今までその地域に住んでいた人にとって、外部から来た人間は何者なのか分からないので、第一印象が悪くなるとその印象をそのまま引きずります。

逆に挨拶さえしておけば、しっかりした印象を持たすことができます。

新生活はスタートダッシュが肝心なのです。

住人が顔見知りである

実家などもともと住んでいた家や、土地に引っ越した場合も挨拶はしておきましょう。

近所の住人が顔見知りで面識があったとしても、その土地に再び住むことを知らせておくことにデメリットはありません。

もしもそこの住むことを告げないで、そのまま住んでしまうと帰って来た理由が分からないので「挨拶ぐらいしてくれてもいいのに」と思われたり、良からぬ噂を立てられてしまう可能性があります。(自分の見解だけで噂話をするのが好きな人は意外と多いので……)

また、家族連れで引っ越して来た場合、自分以外の家族が近所と面識がない場合は、新しい家族の紹介がてら挨拶しておくと今後の近所付き合いも楽になりますし、子供がいる場合、近所迷惑をかけてしまうことや犯罪に巻き込まれることを挨拶一つしておくことで、近所の人が防いでくれるかもしれません。

女性専用、職員専用、学生専用など住人の属性が把握できる環境である

女性専用のマンションや社宅などの職員しか住まないマンション、学生専用のマンションなど、どのような人が住んでいるかある程度、把握できている場合、挨拶回りは比較的簡単と言えます。

女性専用の場合

女性が一人暮らしをする場合、一番気をつけなくてはいけないことは性犯罪に巻き込まれること。

女性が一人で住んでいることを把握できてしまうと、その弱みに漬け込んで犯罪を犯す人はけして少ないとは言えません。

そのことから自分の生活リズムを把握しやすい、隣近所の人間はとくに警戒しなければなりません。

引越し先の挨拶回りをするときに挨拶へ行きたくてもどんな人か分からないので、リスクを考えて避けてしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、女性専用のマンションならば隣近所に住んでいる人は全て女性なので、警戒する心配がありません。

職員専用の場合

職員専用の場合は必ず挨拶をしておいた方が良いでしょう。

理由として当然、社内での立場や付き合いがあるので挨拶をしないという選択肢はありません。

学生専用の場合

学生専用の場合は、年齢が比較的近いので挨拶はそんなに苦にならないと思います。

もし今後、良い付き合いができるとお互いの学校の情報交換や、就職活動の情報交換なども行えるので性格が合うか合わないは別として、とりあえず挨拶には行っておきましょう。

外で会ったときに会釈をされた

新居への引越し作業をしているときに外であった近所の人にも引越し終了後に挨拶をしておきましょう。

知り合いがいない場合、1から人脈を構築するのには時間がかかります。

そこでとりあえず自分に会釈してくれたのならば、引越し作業でバタバタしていたのを謝りながら、挨拶をしておきましょう。

近所の付き合いを構築するということはについては、早いにこしたことはありません。

管理人常駐のマンションである

管理人が常駐している場合は、管理人への挨拶は重要です。

管理人というのはマンションの管理会社の人間なので、もしも鍵をなくしたといったことや水漏れのトラブル、部屋の中の修繕箇所を見つけてしまったときなどまず連絡する人は管理人になります。

管理人に顔を知られておけば、建物関係のトラブルを円滑に解消してくれます。

挨拶を控えた方がいい場合

郵便受けに新聞や郵便がたまっている

郵便物や新聞が溜まっているということは、家と外を行き来していないということになります。

普通の生活リズムならば、最低でも週5日程度外出している人の割合が多いので、少し警戒しておいた方が良いと思います。

不在のことが多い

不在が多いということは仕事が忙しいなど、どのみち関わることが少ないということになるので、挨拶は無理やりしなくても構いません。

ただし、たまたま出かけ側に出くわすなどタイミングが合ったときは、引越しして来た有無を軽く伝えておくぐらいで構わないので挨拶をしておきましょう。

表札がない

表札がない場合、なにかしらの理由でそこに住んでいるのがバレたくな可能性もあるので、ズカズカと無理やり入り込んで挨拶する必要はありません。

住人の属性がわからない

住人の属性が分からない場合も、無理やり挨拶をする必要はありません。

過去に素性が分からなかった隣の住人が犯罪者だったなんてこともあるので、挨拶は絶対しておいた方が良いとは言い切れません。

すれ違ったときに目をそらされた

たまたま廊下や街であったのにも関わらず目をそらされてしまった場合も、挨拶は控えた方が良いかもしれません。

向こう側が人を拒絶しているのに、無理やり挨拶したところで良い関係なんて築けません。

またやっけになって無理やり挨拶してしまうと思わぬトラブルの引き金になることも。

居留守をされた

人がいるのにも関わらず明らかに居留守を使われた場合も挨拶は控えましょう。

後日またと考えてしまう人は多いと思いますが、挨拶もろくにできない人間と今後良い人間関係が構築されることはないでしょう。

挨拶をする場合の注意点

引越しの挨拶をする際に気を付けるべきポイントも紹介しておきましょう!

挨拶の相手

集合住宅

大家さん、管理人さん、下の階に住んでいる人、お隣の2軒に挨拶をしておけば問題ないでしょう。

一戸建て

お向かいのお宅3軒(左・中央・右)、お隣の2軒にするのが一般的です。

時間

引越し当日~翌日の夜7時くらいを目安にしましょう。もし1週間以内に挨拶できないようであれば訪問は控え、すれ違ったときなどに軽く会釈を交わす程度で良いと思います。

また、居留守を使われているようなら挨拶は控えた方がよいでしょう。

持参する品

挨拶の際には何か手土産を持っていきますが、単身者であれば500円程度、家族の場合は500~1000円程度が無難でしょう。中身は、以下のような物が一般的です。

  • タオル
  • 洗剤
  • 石鹸
  • 入浴剤
  • お菓子(生モノ以外)
    など

住居パターンの違いによる挨拶の方法とマナー

では、ここからは住居パターンの違いによって変わる挨拶の方法やマナーというのを見ていきたいと思います。一人暮らしのアパートの場合、新婚夫婦のマンションの場合、家族での一戸建ての場合など、様々な住居パターンによって挨拶の方法やマナーが違ってくるはずです。

その点をもう少し詳しく掘り下げていきましょう。

今まで住んでいた近所への挨拶は?

新しい引越し先での挨拶は当然のようにしておいた方がいいのですが、ついつい忘れがりになるのが今まで住んでいたご近所さんへの挨拶です。あまりご近所付き合いがないのであれば、挨拶された方も何かと気まずいかもしれません。ですが、それなりにお付き合いのあった方やお世話になった方への挨拶だけは確実にやっておきたいところ。

方法としては直接会って挨拶するのがベストだといえるでしょう。その際に、お茶や洗剤、タオルなどあまり高価過ぎない品をお渡しすればいいかもしれません。

挨拶に回るタイミングとしては、早くても2~3日前、遅くても前日までには済ませるようにしておきましょう。その際に忘れてはならないのが、引越し作業に対してご迷惑をかけるかもしれないという謝罪の言葉。例えば、「引越しの当日は業者さんの出入りも激しく、前にもトラックが停まっていて何かと騒がしくしますが、どうぞよろしくお願いします。」というような言葉を添えることで、騒音などにも多少の目はつぶってくれるはずです。そういう挨拶をする、しないではトラブルの発生率も確実に変わってきます。

そして、引越しの挨拶をする際に「どこへ引越すのか」ということを聞かれることがあるかもしれません。もし嫌でなければ正直に答えていいでしょうし、その時に「近くに来られることがありましたら是非遊びに来てください。」なんて言葉も添えるだけで印象もだいぶ違ってくるでしょう。もし好印象を持ってもらえたとしたら、引越し後の郵便物や宅配物などで何かあった際には手助けしてくれるかもしれません。そういった万が一のことがあったことも想定して、今までお世話になった方への挨拶も忘れずにやっておきたいところでもあるのです。

新築一戸建ての場合の挨拶

次に、一戸建てとマンションではどう挨拶の方法が変わってくるのでしょうか。特に、新築の一戸建ての場合だと挨拶の方法も確実に変わってくるはずなのです。

新築の一戸建ての場合は、建設中に騒音などでご近所さんへと迷惑がかかることになります。ですので、工事着工前には確実に挨拶は済ませておきたいところです。両隣から2軒ずつ、合わせて4軒は最低でも挨拶をしておかなければなりません。また、引越し先によっては地域の自治会にも挨拶しておいた方が無難な時もあります。これからの生活を考えれば、地域の人たちとは良好な関係を築いておきたいところです。しかも新築で建てた家ですので、そう簡単にすぐ引越しすることもできません。これから長く住み続ける地域になるのですから、自治会の挨拶もしておいたほうがいいようにも思われます。ご近所の挨拶へ行った際、自治会への挨拶のことも聞いてみてもいいでしょう。

マンションの場合の挨拶

マンションの挨拶の場合、タイミングとしては引越してきた当日か次に日がベストになります。引越しして日にちがあいてしまうとタイミングを逃してしまうかもしれません。引越し時は人の出入りも増え、騒音やエレベーターの占拠などで相手にご迷惑をかけることになるかもしれませんので、早めに挨拶しておいて悪い印象だけは払拭するようにしておきたいところです。

挨拶先としては、両隣、真上の階と真下の階は確実に挨拶しておきたいところ。特に下の階は自分の生活音が非常に響きやすくもなりますので、それも踏まえた上で挨拶しておいた方がいいでしょう。マンショントラブルの一番の原因は騒音となります。そういった挨拶さえしっかりしておけば、多少の騒音ぐらいは目をつぶってくれるかもしれません。そういったトラブル回避のためにも引越しの挨拶というのはとても重要なことでもあるのです。後、引越したマンションに管理室があれば、管理員さんへの挨拶も忘れないようにしたいところです。

学生一人暮らしの場合の挨拶

進学などで親元を離れて一人暮らしを始める学生も決して少なくはありません。一人暮らしも初めてとなりますので、引越しの挨拶の言葉もマナーも何も知らないかと思います。まず、学生一人暮らしとなれば学校付近の寮やアパートを借りるケースがほとんどです。特に学生街ともなれば、同じような学生が多く住んでいるとも考えられます。

基本的に、学生は社会人と違って生活リズムがあまり一定していないという傾向にあります。深夜や朝までアルバイトしている人もいれば、学年や学部によっては授業の時間帯も異なってきます。となれば挨拶に行く時間帯も難しくなるということも予想されます。

ということから、なかなかタイミングが合わずに挨拶に行けないというパターンも少なくはないのです。だからといって挨拶に行かなくてもいいというわけでは決してありません。もし、挨拶に行くタイミングが合わない場合でも、時にはアパートの玄関や廊下でばったり会うこともあるはずです。その時でも全然いいので、引越してきた旨をきちんと伝えるようにしましょう。「後ほど改めてご挨拶させて頂きます。」と言って、その日の夜にでも粗品を持って挨拶に行けばいいかと思われます。その時にまた不在であっても、粗品を玄関のドアノブに掛けておくことで引越しの挨拶に来てくれたと理解してくれるはずです。

挨拶の時間帯

挨拶する時間帯にも気を使うようにしましょう。旧居のご近所さんへの挨拶は、相手のタイミングに合わせる方がいいかと思います。日中は仕事などで家を空けている人であれば、深夜にならない程度の夜の時間帯ならいつでもいいでしょう。

また、相手の生活サイクルがわからない場合は、昼間に一度伺ってみればいいかもしれません。何度か尋ねているうちに相手のいる時間が何とかつかめるはずです。

次に新居のご近所さんへの挨拶の場合、引越す地域によっては多少の違いはあるかもしれませんが、一般的には日中の明るい時間帯がベストだといわれています。

ですので、10時~18時ぐらいまでがベストな時間帯といえるのではないでしょうか。引越し当日にバタバタして挨拶に行く時間帯が夜遅くなってしまった場合などは、決してその日は無理せず次の日に行くようにしましょう。

逆に行ってはいけない時間帯というのもあります。平日の夜遅い時間帯や、休日の早い時間帯は基本的に避けて問題はありません。特に休日の早い時間帯は仕事がお休みで昼間まで寝ている可能性も高いです。土日祝日の早い時間帯だけは確実に避けた方がいいでしょう。

挨拶の言葉

では、実際に挨拶をする際の言葉にはどういったものがあるのでしょうか。

旧居のご近所への言葉は、「〇日に引越すことになりました。当日は騒音やエレベーターの占拠などでご迷惑をかけることになりますが何卒よろしくお願い致します。この度は大変お世話になりました。」というニュアンスの言葉があれば問題はありません。もちろんお互いの関係性次第で文章も変わってくることでしょう。

次に新居のご近所への場合、可能であるのなら引越し作業をする前に挨拶を済ませておきたいところです。騒音やエレベーターの占拠、トラックの駐車などのトラブルを未然に防ぐことができるからです。ですので、「〇日、もしくは本日に引越しを予定しております。騒音やエレベーターの占拠などで何かとご迷惑おかけしますが何卒よろしくお願い致します。」という言葉がベストになります。引越し後に行くときの言葉は、「この度、隣に引越して参りました〇〇と申します。今後ともよろしくお願い致します。」と、家族がいるのでしたら全員でご挨拶に回るようにしたいところです。

名古屋の人には引越し挨拶をすべき?

ちなみに、名古屋の市民性を考えると、引越しの挨拶はとても意味があると思います。

まず、名古屋の人はなかなか心を開かないと言われており、打ち解けたり、信用してもらうのに時間がかかることも多いのだとか。そうなると、最初の挨拶は肝心と言えるでしょう。ご近所さんにずっと警戒されていては、生活もしづらいはず。存在を認めてもらうためにも、一度挨拶をしておくと安心かもしれません。ちなみに、一度打ち解けると深く仲良くなれるのも名古屋の人の特徴なので、生涯お付き合いできるような人との出会いもあるかもしれません。

また、挨拶に持参する品物は、ぜひ実用性があって質も良い物を選びましょう。なぜなら、名古屋人は、デザインやカラーといったところよりも、実用性を重視する傾向にあるそうです。名古屋の人に喜んでもらうには、見た目よりも中身勝負で選ぶとよいでしょう!

物件数で比較!名古屋の不動産会社3選

※2017年10月に調査した内容をもとに比較しています。

関連ページ