物件数で比較!名古屋の不動産会社3選

名古屋市の不動産会社比較 » 名古屋で家を購入する前に知っておきたい基礎知識 » 住宅購入までの流れ

住宅購入までの流れ

住宅購入の流れについて、わかりやすく紹介しているページです。

マイホームを購入して実際に住み始めるまでには、さまざまな手続きが必要になります。以下に、その流れをまとめてみました。

1.物件を見学

インターネットや店舗で気になる物件が見つかったら、実際に見学してみましょう。オープンハウスを利用するのも良いですね。

実際に見てみて、気になる点や疑問点があれば不動産会社に遠慮なく質問しましょう。

また、1度の見学で決める必要はありません。気に入った物件は納得がいくまで何度か見てみるとよいでしょう。

2.購入の検討

希望条件や予算にマッチする物件がもし見つかれば、次は不動産会社の担当者に資金計画を作成してもらいましょう。実際に自分がその物件を購入できるかどうか、確認する必要があります。

その際は、自分に合った住宅ローンを組むことが大切なポイントになるでしょう。

低金利水準が続いている今はちょうどチャンスかもしれません!

3.購入の申込み

価格や引き渡し時期など、さまざまな条件が整って決心がつけば、いよいよ購入の意思表示です。

購入申込書(買い付け証明書)に記入をし、手続きを始めることになります。

4.住宅ローン事前審査

買い付け証明を入れたら、住宅ローンの事前審査が行なわれます。一般的に、数日~1週間ほどで結果が出るでしょう。

5.重要事項説明

事前審査が無事通れば、契約に向けての動きが始まります。

売買契約の前に重要事項説明があるので、ちょっとでも不安な点や疑問点があればちゃんと質問しましょう。本当に購入をするかどうか、最終的に決断をするタイミングです。

6.売買契約

重要事項説明にも契約書の説明にも納得ができたら、いよいよ契約書に署名・捺印をして契約成立です。

ここで手付金が必要になるのが一般的です。

また、仲介手数料の半額もこのタイミングで支払うことが多いです。

7.住宅ローン本申込み

事前審査と同様の申込みを行ないます。 本承認が下りるまでの期間はだいたい2週間ほどでしょう(金融機関によって異なります)。

ちなみに、事前審査が通ったら本審査も絶対通るというわけではないので覚えておきましょう。万が一本審査が通らなかったときに契約をなかったことにできる特約を付けておくのが基本です。

8.決済、登記

ローンの承認が無事下りて金融機関と金銭消費貸借契約を締結したら、ローンが実行されます。

多くの場合は、所有権の移転登記・抵当権の設定登記を同時に行ない、ローンが実行され、残金を支払います。

この際に公祖公課や仲介手数料などの精算も同時に行なわれ、決済終了です!

9.引き渡し

決済を行なうと同時に、鍵の引き渡しとなります。これでやっと新居での生活がスタートできるわけです。

物件数で比較!名古屋の不動産会社3選

※2017年10月に調査した内容をもとに比較しています。

関連ページ